院長からのご挨拶

icon_dr

詳しくはこちら

診療日時のご案内

icon_koala

詳しくはこちら

アクセスマップ

icon_sanrinsya

詳しくはこちら

診療時間等、変更を含めてのお知らせ(重要です。ご一読くださいませ。)

*7月の診療時間変更のお知らせです*

当院は、開院以来お盆休みはとっておりません。

8月13日、14日、15日もそうですが、8月自体通常の診療通りの月となってます。

お盆の3日間代休を、7月13日、14日とさせていただきます。

患者様におかれましては、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

平成30年3月29日

江口小児科  江口尚彦

*木曜日について

平成19年から、ご来院の際にお渡ししている案内の紙やホームページでお伝えしていますが、

外部の健診にでるため、

奇数木曜日は午前診察、午後健診のため休診

偶数木曜日は、午前・午後とも外部健診のため休診となっております。

わかりにくい時間ではございますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします

江口小児科  江口尚彦

梅雨・なつの酷暑への対策

猛烈に湿度が高くなっていますね。

台風もこれから列島に影響を及ぼしてきますが、昨年と圧倒的に違うのは、台風到来前までに”高湿度にさらされ続けていること”です。

2月のような厳しい寒さと違い、一日中プールに入っているような高湿度。

体温調節の発汗もできず、脱水に気づきにくく、熱中症がものすごく増えますよ。

じめじめした季節が終わると急加速の高気温が待ち受けているので、遊びつくせるように動画や水分摂取のタイミング。

朝食をとることも習慣にしてください。

”起きたらすぐに水分摂取、朝食しっかり味濃いめ、室内湿度は50%。”

空調もフル活動で汗をかいたら、すぐに口喝に気づき水分補給ができる体を作りましょう!

夏を100%楽しむために。

江口小児科   江口尚彦

トピックス

いつ水分をとりますか?動画で確認です!

①起床時、すぐに水分補給

雨、気温の上昇が繰り返され、嘔吐が止まらず顔色不良、頭痛など熱中症のかたが増加です。

特に起床時は最も脱水が強いので、血管をしっかりとさせるため朝食と十分量の水分をとってください。

ガス欠の車でのロングドライブは危険です。

②水分を多く含む食事に切り替えましょう。

子供さんは単純に水分のみの摂取を嫌がります。不足分を補うためです。

③行動前に、水分補給、日内変動にも対応

急激な夏の暑さに耐えうる準備もいります。起床時と似ていますが、アクションを起こす前に血管のボリュームをあげて、水分の回収がしやすい体にしましょう。猛烈な夏が近いです。

思い切って休む

感染症の国際化も進んでいます。

夏を楽しむために。

自分はもちろん、周囲も守りましょう。

マナーを守って夏を待つ!

夏のお作法で夏を待つ。

子供さんの”脱水”を疑う最大のポイントは目の下の隈です。元気に動いても水分不足を気にしてください!

 

ブログカテゴリーに”ネットの罠”を追加。

写真だけならば私のような素人でも誤情報の発信をあえてできます。

電脳の世界は便利さもありますが、それ以上に怖さがあることを忘れないでください。

サーチに”ポーチ”と入れるとブログ内のポーチ関連の記事が出ます。

育児など、わかりやすいようにカテゴリーにまとまるようにしています。

読まれて、おや?と思われたら江口尚彦まで聞いてください。記載者としてきちんとお答えします。