まさに。

まあ、今年は楽しさが少ないですね。

おそらく年末恒例の流行語大賞。

暗いものになるんじゃないかなと。

医療は、とにかく役割分担、清潔環境の徹底構築、知識の更新。

それを現場で活かすこと。

色々な部門との協調、調整。

攻略されても、∞の動きにかける!

歩を止めず、動き続けるしかない。

まずは3か月後、その後年末の状態、来年春の状態。

色々な体制を強化して、予測と行動を続けます。

年齢は15年たちましたが、令和2年に開業したと考えて

動き続けます。

毎週出ている日医の会議もそうですが、岡山市医師会、

小児科専門医会などとにかく集め続けて、実践。

何か、気持ちが切り替わった感じですね。

40、50は鼻たれ小僧。
おっしゃる通り。

世界中の英知が動いているわけで、乗り越えられない感染症は

ないと、あえて強気に進むしかない。

無根拠ですが、来年のインターハイ、ライブ、高校野球、そして

オリンピックに向けて自分は最後ですが、とにかく皆様の健康を

第一に考えています。

新規の開業医としてよろしくお願いいたします。

 

江口小児科  江口尚彦