今日はある意味、記念日。ようやく攻めの医療が開始です。

早いもので僕が都道府県新型コロナウイルス感染症対策協議会に

初めて出席してからも1年が経過。

”未曽有の国難”という言葉で表現されたときには、新型コロナウイルス感染症

の概要が不明な部分が多すぎて。

皆さん、覚えておられますかね?

”37.5度以上の熱が4日以上続き・・”などの指標。

未知なるものへ有効打がうてないはがゆさ。

デマ、風評被害。

もがき苦しんだ1年でした。

すぐにすべてがもとに戻るわけではありませんが、すでに1億人以上に接種

されているワクチン”コミナティ”がようやく日本でも開始。

1年の準備期間を経て、反撃ののろしです。

今後は、不安をあおる報道との戦いもありますが専門家の詳細な意見。

昨日も全国の先生方のご質問、日医の回答などを見て僕自身は早く接種をしたいですね。

やられたら、やり返す。
倍返しだ。

これが私のモットーでしてね!

やられっぱなしの時間を戻すように医療の反撃開始の日。

今まで誰も経験のない大事業開始の日。

2月17日は、そういう日です。

新型コロナウイルス感染症の生き残りに関してかね?

お・し・ま・い、でっすぅ!

今日も頑張ります。

診療後や休日の会議も入りまくってくるとは思いますが、ひたすら吸収です。

よろしくお願いいたします。

 

江口小児科  江口尚彦