水をさして悪いんじゃがのぉ。

もちろん、ワクチンは必ず接種しますし大きな前進。

ですが報道でも、珍しく正しく言ってくれてはいますが、

現在の状況は”あくまでも下げ止まり”です。

おや、珍しくココアですか?

紅茶の方がいいですよ。

厚労省のCOCOAも不具合がある上、

まだ、コロナぁ、残っとるがよう。

種火のように、何かのきっかけで元の木阿弥に戻る可能性は十分あります。

予防接種に加え、距離をとり、マスク・手洗い・換気は必須。

加えて、岡山で人の動きをもう少し抑制しなければ変異種が増える可能性

は十分にあります。

 

防御の攻め。

 

変な言い回しですが、それが予防接種です。

根本的な治療薬ではありません。

接種することで体内で新型コロナウイルスの複製を止めて、新規陽性者を

抑制。また仮にかかっても重症化を防ぐことはできます。

急いで接種をしたいのは当然ですが、早く全県民にいきわたる必要があります。

その方法論が、”慌てず、急いで、正確に”構築されている段階です。

 

会議が多くなるのもそういった理由です。

 

3月がもう少しできます。イベントも多い。

年末年始のようになってはいけません。

昨年のお花見後からの増加、そして緊急事態宣言、一斉休校は忘れずに行きましょう。

今年も、

家で踊ろう。

ステイホームが続くのは嫌ですし、暑い中のマスクも何とかしたい。

疫学的に十分な減少になり、輸入感染症に耐えうるようにワクチン接種です。

新しい体制はできたので、オリンピックを楽しみたい。

皆さん、遊びを控えておかしいなと感じたら受診してください。

資料と格闘しつつ、ちょっと休憩。言葉足らずだった先ほどの補足です。

 

江口小児科  江口尚彦