大変、ご無沙汰をしております。

久しぶりの情報提供ですが、今の季節の先が見えづらく更新を控えておりました。

本日あたりからいよいよお盆での大移動が始まっています。朝5時の時点でもすでに高速道路の混雑は始まっていますし、お昼ごはん用にコンビニによりましたが、5時半とは思えない混雑ぶりでした。この異常な暑さの続く中の移動ですので本当に気をつけてください。

患者様にお話していますが、今季はスチームサウナの中で朝から晩まで暮らし、口元にはドライヤーをあてているようなものです。

局所の乾燥が進み、全身もエネルギーが搾り取られる状態です。お茶やジュース、果実、アイス、味の濃いものなどいわゆる“南国的な食べ物”と漠然と想像されるものをしっかりとって十分に補給しましょう。難しいかもしれませんが、だらりと休息をとることも必要です。

先日地震速報がありましたが、そのあと止まった新幹線は一気に車内温度が上昇して、かなりのっておられる方は恐怖を覚えたということです。僕も先月ゲリラ豪雨の中高速道路上で、命日かなと怖い思いをしましたが災害や予期せぬ出来事は急にやってきます。

僕が住んでいるマンションですが、普段外出すれば誰もいませんので、除湿機をかけています。帰宅すると12Lほどの水がたまっています。見るたびにぞっとしますが、除湿機をかけていなければそれだけの水分に身体がむしばまれるわけです。では、外出したらどうか?木曜日は乳児健診で動いていますが、車内も煮えた窯のようになっています。

例えば本日高速道路を走っていて、午後二時、渋滞に巻き込まれストップとなれば、とてつもない疲労が体を襲います。アトラクションで、もしくは限定グルメを求めて行列、これも危険です。

もはや日本ではなく、ジャングルだということをしっかり認識して、なるべくだらだらと休みを取ってください。

当院は例年通り来週もお盆ではなく、普通の1週間ですがむしろそのほうが体に良い気もします。

そこで手足口病やヘルパンギーナ、水痘、溶連菌などが高温多湿で暴れていますし、食中毒も気にしないといけない時期になっています。夏風邪症候群は最小限の風邪薬、十分な水分の補給、しっかりと休息すれば速やかに治ります。体がこの暑さに毎年慣れていくと思いますので、今年の猛暑日が連続したり、気象庁ですら経験のない豪雨などが起こる時期はじっと休み、来年も楽しめたほうが良いです。

10月ごろに夏バテのピークが来そうですし、子供さんもそのころは運動会や遠足での疲れを蓄積し、突然冬、インフルエンザとなれば大変です。

”小児科の夏、平和な夏”

このフレーズは過去のもので、僕自身怖いほどの季節になってしまいました。熱中症で輸液をする頻度も急に増えてきましたし、脱水と疲れは万病のもとですから、気をつけましょう。

僕は、晩御飯などの食材選びや購入も、この時期は意識して味の濃いものを選んでいます。大したものが作れるわけではありませんが、しっかりと食べていないと倒れることがわかっていますので。ダイエットは少し過ごしやすくなってからでよいですよ。お酒を飲む時も水分は忘れずに取るようにしています。唯一、室内干しでも洗濯ものが一気に乾く点が良いくらいですか?

とにかく、異常な季節が続きます。今までもご不幸なことが毎日起きていますが、このお盆は平和に過ぎることを祈っています。

長い夏が続きます。のんびり、ゆっくり、慎重に楽しみましょう。マイコプラズマも急に増えてきました。体の疲れを反映しますし、とびひも凶悪です。人類の知恵で、体を休めましょう。

よろしくお願いいたします。

 

江口小児科   江口 尚彦

前の記事

確かに

次の記事

いやあ、本当に。