ああ

あと2週間ほどで今年が終わります。年輪を重ねたという表現で濁していますが、時がたつのは早いですね。

さて、子宮頸がんワクチン、肺炎球菌ワクチン、Hibワクチンですが、公費で1月1日施行というところまでは決まっているようです。ただ肝心な方法や事務作業の流れを我々が周知すための資料が12月24日より届くことになりますので、現在はっきりとしたことがお伝えできずすいません。

よりクリアーな情報が入り次第、即日に情報提供をさせていただきます。
ただ、あと2週間ほどとはいえ、医療的な面で考えると、年内の接種予定の方は、確実な抗体獲得のためにしっかりと接種をされた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください