汗と唾液と男とコロナ(原曲:酒と泪と男と女)

ものすごく、不謹慎な入り方ですがこればかりは心配で、一節すいません。

1,2,3!

いえぇええっ!

汗とぉ、唾液がぁ、飛び散りぃ、吸ってぇええ。

不用意にぃ、ウイルスもぉ、体にぃ入りぃ・・。

コロナぁ、ないのにぃ、祭りのあとに・・・ぃ、増えるかなぁぁ、あああああ!

作詞:江口尚彦(サビの部分のみ)

作曲:河島英五

 

やはり開催されるようですが、飛沫感染のCOVID-19は、もはや誰が潜伏期間か

分かりにくくなっています。

マスクの外し方、手洗いの方法、うがいの方法までも細かく指導され始めています。

肺炎の苦しさは、僕自身も30代でありますがかなりのものです。

 

せめて今年は平和な週末になって欲しかったですが、どうでしょう。

明後日から、また気温が下がるとインフルエンザが息を吹き返す可能性もあります。

感染症の予防が徹底されてきたからこそ、インフルエンザもやや少なめの冬です。

 

マスクも、とうとう医療機関向けのものに欠品が出始めました。

 

夜間に、暖冬とはいえ、水をかけて飛沫感染のお祭りはいかがなものでしょう。

毎年、揶揄するような内容を記載しているのは国際化していく感染症対策のため。

インフルエンザ対策がメインでしたが、今年は熟考して欲しかったです。

 

月曜日以降が怖いです。

本日、しっかりと頑張り、仕事での最小限の動き以外は控えてこもります。

よろしくお願いいたします。

 

江口小児科  江口尚彦

ほうか。