MENU

2019年4月1日から、診療時間が変わります。(重要です。ご一読くださいませ。)

毎週木曜日は、全て休診となります。

毎週土曜日は、受付時間が全て14時となります。

これまでは岡山市小児科専門医会の監事をしておりましたが、2019年度から、岡山市医師会 小児科専門理事が私に回ってくることになりました。

医療環境向上のため、多くの会議が入ります。

木曜日に集中して開催されることになります。

今まで健診のためにお伺いしている、保育園、小学校、中学校にも御迷惑をかけることができないため苦渋の選択ですが、

市の1歳6か月健診、通常診療以外での休日急患診療所への出務、岡山医療センターへの夜間外来応援も今までと変わらないため、

上記のように変更とさせていただきました。

3月までは従来通りです。

患者様におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

小児科医の不足が痛いところです。

毎月の予定表は従来通り発行・掲載いたしますし、診察券は4月から新しくなります。

2019年 2月6日

江口小児科  江口尚彦

院長からのご挨拶

icon_dr

詳しくはこちら

診療日時のご案内

icon_koala

詳しくはこちら

アクセスマップ

icon_sanrinsya

詳しくはこちら

診療時間等、変更を含めてのお知らせ

*大型連休*

当院は4月28日から5月6日が休診となります。

その間休日急患診療所が、昼も夜も開いております。

昼に患者様が多い場合は、呼び出しがかかる待機ですし、5月4日の昼は私が出務するので、あけておくことができないためです。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2019年 2月6日

江口小児科  江口尚彦

 

*4月20日、5月25日土曜日について*

研究会・学会出席のため、診療受付を12時とさせていただきます。

患者様におかれましては、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2019年 1月29日

江口小児科  江口尚彦

 

*木曜日について

2019年3月までですが、

奇数木曜日午前診察、午後健診のため休診

偶数木曜日は、午前・午後とも外部健診のため休診となっております。

4月以降に関しましては、HPトップに記載の通りです。

江口小児科  江口尚彦

インフルエンザ・麻疹に関して

インフルエンザは、全国的に減少ですが、まだ完全に警報解除ではありません。

もちろんこのまま終息。

が一番望ましいですが、まだ警戒は解かないようにしてください。

警報レベルの地域、解除の地域がありますが、間もなく春休み。人の移動で再燃の可能性もあります。

現在、ブラジル北部でインフルエンザA型(H1N1)が猛威を奮っています。

狭くなった地球ですが、遠い海外の事ではなく、日本に入ってくることも十分ありますので、やはり警戒は解けません。

寒暖差が激しいですが徐々に春に近づいています。ロタウイルス感染症なども増加してきますのでお花見は備えを十分に楽しんでください。

あとインフルエンザの20倍近い感染力を持つ麻疹も周囲への影響を考えてご注意を。

風邪症状から、一気に高熱。と同時に発赤が出始めたら、ご一報いただいた上で早めに受診してください。

保健所の方々と迅速に対応してまいります。

よろしくお願いいたします。

 

平成31年3月23日

江口小児科  江口尚彦

 

トピックス

①起床時、すぐに水分補給

起床時は最も脱水が強いので、血管をしっかりとさせるため朝食と十分量の水分をとってください。

感染症は乾いた粘膜面にきますので、十分潤わせましょう。

花粉症も後半戦です。目のかすみや喉の痛みの原因になります。昨年の7月豪雨被害後に近い粉塵量になりますので、装備をしっかりとお願いします。

②水分を多く含む食事が必要です。保湿も。

子供さんは単純に水分のみの摂取を嫌がります。不足分を補うためです。これから乾燥・紫外線との勝負です。常に潤いが大切です。

ポリフェノールと乳酸菌が鍵になりますよ。特に紅茶のポリフェノールは非常に良いです。

私自身、1日紅茶を500mlは摂取しています。

水分の総量は1から1.2ℓくらいがベストです。日焼け止めもそろそろ準備しましょう。

③行動前に、水分補給、気温変化にも対応

疲労した体をいやすためにも。起床時と似ていますが、アクションを起こす前に血管のボリュームをあげて、水分の回収が

しやすい体にしましょう。服装も注意がいります。

思い切って休む

感染症の国際化も進んでいます。

可哀そうの定義が様々ですが、

・行事に参加できなくて可哀そうだったね

・ものすごく苦しい思いをして可哀そうだったね

どちらが正しいでしょうか?

子供さんの”いつもと違う”を見逃さず、熱だけで判断せずに受診しましょう。

 

ブログカテゴリーに”ネットの罠”を追加

電脳の世界は便利さもありますが、それ以上に怖さがあることを忘れないでください。

サーチでブログ内の関連記事が出ます。

育児など、わかりやすいようにカテゴリーにまとまるようにしています。

読まれて、おや?と思われたら江口尚彦まで聞いてください。記載者としてきちんとお答えします。