気を抜くのは、早ぁあい。

非常に良いことです。

新学期が始まって、イベントも徐々に戻り、ワクチン接種率も急上昇。

しかし新型コロナは順調に減少しています。

ですが、このまま冬を越せる!と考えるのはもう少し待ちましょう。

いちいちうるさいね、君は。

まず新型コロナですが、やはり変異の壁は厚いですし日本はこれから鎖国から

開国に向かいます。

ようやく昨年10月並みにもどったわけですが、昨シーズンハロウィン、年末年始

の移動で異常な波がきました。今年も観察は十分にしておく必要があります。

インフルエンザにしても、今季オーストラリアでは過去最低ともいえる少なさ、

日本も、平和なままではないのか、ぅう?

それはマスク着用率が100%に近く、予防接種もしっかりと行い、かつ冬の間鎖国

状態だったからで、日本は真逆に動いています。

2020年、新型コロナ以外の感染症は極端に少なかったですが、その分今季はどの風邪も

かかりやすいという状態です。

小児科で言えば、初夏のRSウイルス感染症、現在の手足口病のように。

インフルエンザも種火があれば、一気に広がります。

気が抜け罹ったところで、インフル・コロナの同時流行が懸念されているのはそのため。

気温もこれから冬に向けて加速しそうですし、体力低下にイベントで成人も小児もくたくた。

で、流行が怖いって事?

少しずつ少しずつ、遊びの幅も広げでもマスクや予防接種は受けましょう。

今年の冬も平和でありますように。

 

江口小児科  江口尚彦