今日はこんな感じでしょうか?・・。ちょっと疑問も。

おはようございます。

今日は朝も明るく、気温も心地よい中出勤です。

ただ日中は桜の花だけではなく、当然砂まみれになりますから、喉、肌なども含めて

こすられまくる可能性が高いので、防御と水分補給で楽しんでくださいね。

 

今季インフルエンザに使用されていた薬に、7割近くの耐性ウイルス検出が報告されている地域

もあります。

ご存じでしたか?

報道しましたかね?多分、したのか、な?え、してない?

良い薬なのですが、乱用はいけないということと、すぐ効果が出て、ということは切れ味の良い

ナイフで料理をしているようなものです。

 

適正使用を考えた方が良いでしょう。特に子供さんにはゆっくりと、長期服用になっても安全に

使用できるものを選びましょう。

もちろん、僕自身画期的な薬だと思いますし、この冬何度か使用しました。

少し、耐性化を危惧していたので、現在は古典的な治療がやはり王道と思います。

良い薬は大切に使うことが一番です。

シーズン初めに、保険診療の薬の名前を出して、これしかないというような報道が多かった。

インフルエンザでも、仕事をという過酷な社会インフラも疑問ですし、根本から感染対策をしないと

いけませんね。

 

と、ここから疑問ですが、一時期インフルエンザの薬で神経症状?という可能性の時、過剰ともいえる

報道がありました。ですが、安全性が確認されたときに、ほとんど報道されていません。

今回の状況と真逆です。

 

分野は違いますが、僕も学生時代から聞いていて、今朝も聞いてきましたがミュージシャンの報道。

明らかに論調が優しい。

事実は事実で当事者は、気が気じゃないことはわかっていますが、報道。

日本でも計り知れない力を持つであろう事務所の事件の時も”メンバー”という言葉に違和感を

持ちましたが、今回は事務所の契約解除となりながら、芸名で報道されており、激励が飛んだと

いう方向性。

ま、ま、そういう”テイ”ですから。・・、ね?わかりますよね?

役者さんとしても、ミュージシャンとしても才能豊かな人と思いますが、一般の

人間の場合は、社会から抹殺されるような報道。

同じ芸能人でも、厳しい論調の時もあります。

なんか、不思議だよな。

昭和の名優、勝 新太郎さんの”もうパンツははかない”に近い、半ば愉快な話に持っていかれるのでは?

公平かい?

 

医薬品でのこと、予防接種でのこと、薬物事件。

報道は、どんな場合でも冷静・公平が原則じゃなっかたかなと疑問を持ちました。

朝から変な疑問ですいません。

今日もよろしくお願いいたします。

 

江口小児科 江口尚彦

おっさんも捨てたものではないと思ったのが、僕が高校生の時に始まったアニメがまだ現役!

当時想像もしていなかった、

真実は一つ!

一つか・・。うぬに、直接聞いてやろう。

アニメのコラボレーション。

シティーハンターの冴羽さんとケンシロウ。同じ声優さんです。

ボヘミアン・ラプソディもあり、高校生時代の自分が過ごした文化で若返りますね。

気のせいでしょう。