また、先行きが見えにくくなってます。

昨日は診療終了後に保健所との会議がありましたが、

4月25日までの岡山における感染状況を見て、ちょっとため息。

年齢層的には2,3週間前にぐんと10代後半20代の若年層が増えました。

その方たちは、遊びの場罹患しそのまま家庭に帰って増加。

そして教育現場や職場にそれぞれ行かれて、そこでまた増加。

人口10万人比で考えると大阪や東京と何ら変わらない厳しい状況です。

手前みそではなく、医院は確実にクリーンな状態を保つように昨年から

着々と要塞のようにしてきましたが、危機感を若者に持っていただけると

良いのですが・・・。

遊びに行きたい気持ちを抑えることはできないまでも、自分がかかったら

家族に迷惑をかけたり、それ以外の方々に広がる事も考えてほしい。

若い世代は軽症で平気という神話は変異株で崩れています。

また運よく治癒した後も、後遺障害に悩まされることになることも自覚

して欲しいです。これじゃあ、いつまでたっても終わりは見えません。

政府が後は医療に任せるということは、宣言延長、罰則規定も厳しく

なる可能性は高いですよ。

一番クリーンな場所は、全国的にもクリニックしかありません。

子供さんの調子が悪い時は躊躇なく受診してください。

遊ぶのは、予防接種と意識改革でコロナ収束後に徹底的にやればよいと

思います。

光を見るために国民全体での団結が必要ですね。

今日も、午前診療、中学校健診、午後診療、ワクチンの会議と走ります。

 

江口小児科  江口尚彦

Let’s think!