立場

本日は、朝からの急なお休みご迷惑をおかけいたしました。

私は、医師という立場、皆様の健康を守る人間です。

もう一つ、88歳が近い独居の母を持つ息子という立場もあります。

今朝は緊急で救急車での搬送連絡がありましたので、独り身で動ける

のが私だけでしたので駆けつけました。

以前から気になっていましたが、空襲を11歳で経験した母は、近年

ものすごく夜が不安で、2階で寝ないと眠れない。

1階で寝てほしかったのですが、防犯上気になるようでした。

気づけなかったのは私の悔やみですが、腰椎の疲労骨折が出始め歩行が

おぼつかなかったのが最近です。

昨夜も動けないと連絡を受けて実家に行き、鎮痛剤を渡し落ち着くのを見て

帰宅したので、安心していたのですが、今朝階段から落ち、セコムからの連絡で

重大なことになっているとわかりました。

疲労骨折が、深くなり、上体を動かすだけでも苦悶様の母。

検査が終わり、昼前に入院になりましたが、その時初めて言いました。

”実家に帰ってきてほしい”と。

今まで絶対に言いませんでした。

コロナの世の中ですから、面会はできません。

入院準備を取りに帰るとき、完全に子供の不安な表情で私の腕をぎゅうと握りました。

それから実家に帰り、母の台所や洗濯物の整理をしていましたが、なぜもっと早く

安心させれなかったのか、痛みを抱えて生活を続けていた母の強さ、そして私の手を

握った本心を考えて、無の状態で帰宅しました。

電話で、今後も様子を見ますし、母がいずれ旅立つまで、仕事も完全に、親孝行も完全に

悔いがないように生きていきます。

金曜日は、夜間診療、土曜日からは通常に戻ります。

心の中には、今までにないものが刻まれた気がします。

 

コアラ人